LINE広告の運用で代理店に頼むメリット・デメリットとは?選び方も紹介

アイキャッチ画像

LINEは日本で最も利用されているSNSであり、月間アクティブユーザー数は約9,500万人にも及びます。

そのため、LINE広告は多くの企業が注目するマーケティングツールの一つでしょう。

しかし、LINE広告の運用は簡単ではありません。

広告内容の作成や配信、効果測定などには専門的な知識やノウハウが必要で、LINE広告の仕様や機能は頻繁に変更されるため、常に最新の情報を収集する必要があります。

そこで、この記事を読んでいる方の中には、「LINE広告の運用を代理店にお願いしよう!」と考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、LINE広告の運用を代理店にお願いするメリットとデメリットを解説し、代理店の選び方も紹介したいと思います。

目次

LINE広告の運用を代理店に頼むメリット

LINE公式アカウントのメリッt

LINE広告の運用を代理店にお願いすると、以下のようなメリットがあります。

LINE広告の運用を代理店に頼むメリット
  • 専門的な知識やノウハウを活かした運用が期待できる
  • 広告運用の効果的な戦略と最適化を期待できる
  • 時間とリソースの節約が可能

専門的な知識やノウハウを活かした運用が期待できる

LINE広告の代理店は、LINE広告の仕組みや特徴を熟知しており、様々な業種や目的に合わせた広告の作成や配信ができます。

また、LINE広告の効果測定や分析にも強い代理店が多く、広告のパフォーマンスを最大化するための改善策を提案してくれる代理店もあるでしょう。

広告運用の効果的な戦略と最適化を期待できる

LINE広告の代理店は、広告主のビジネスやターゲットに応じた戦略を立案し、予算や入札価格、配信時間帯などを最適化を期待することができます。

また、広告のA/Bテストやクリエイティブの切り替えなど、状況に応じて改善をすることで広告の効果を高めてくれます。

時間とリソースの節約が可能

広告運用には日々のモニタリングや最適化が必要ですが、これには多くの時間と労力が必要です。

その時間と労力を代理店に運用を任せることで、企業は他の重要な業務に集中する余裕を持ち、効率的な広告運営が可能となります。

他の広告運用も期待できる

LINE広告だけではなく、目的によって他の広告プラットフォーム(例えばGoogle AdsやSNS広告など)とも連携した広告運用を行なってくれる代理店もあるでしょう。

これにより、より多くのユーザーにアプローチできるだけでなく、各プラットフォーム間のデータや効果を比較分析できるメリットがあります。

また、他の広告プラットフォームとの横断運用にも対応している代理店では、一括して依頼することでコストや手間を削減できる可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

LINE広告の運用を代理店に頼むデメリット

注意点を教えてくれている人

LINE広告の運用を代理店にお願いすると、以下のようなデメリットがあります。

LINE広告の運用を代理店に頼むデメリット
  • 広告運用のノウハウが溜まりにくい
  • スピード感やコミュニケーションに課題が生じることがある
  • 運用手数料が掛かる

広告運用のノウハウが溜まりにくい

自社でLINE広告の運用を行わないということは、自社で広告運用のノウハウを蓄積できず、広告の効果や改善点を把握できない場合があります。

また、代理店との契約が終了した場合や、代理店が変更になった場合には、広告運用の継続性や品質が保てない可能性があるため注意しましょう。

スピード感やコミュニケーションに課題が生じることがある

代理店とのコミュニケーションが円滑でない場合、広告の展開や最適化において適切なタイミングが失われる可能性があります。

スピーディな対応が求められる場合は、コミュニケーションの効率化が課題となることも考慮すべきポイントです。

また、代理店によっては、レポートやフィードバックの頻度や質が低い場合もあるため、事前に確認をしておきましょう。

運用手数料が掛かる

代理店のサービスには一定の手数料が発生するため、広告運用にかかる総コストが増加することがあります。

運用手数料は、広告費用の一定割合や固定金額など、代理店によって異なりますが、一般的には20%~30%程度が平均的な広告運用で掛かる手数料です。

なので、費用対効果を検討する際には、運用手数料の影響も考慮する必要があります。

適切なLINE広告代理店の選び方

LINE広告の運用を代理店にお願いする場合は、以下のポイントに注意して代理店を選びましょう。

LINE広告代理店の選び方
  • 実績と評判を確認する
  • フォロー体制を確認する
  • 費用や契約条件面を明確にする

実績と評判を確認する

LINE広告の代理店は数多く存在しますが、その中でも実績や評判の高い代理店を選ぶことが大切です。

実績と評判は、以下の方法で確認しましょう。

  • 代理店の公式サイトやSNSで、取引先や成果事例を見る
  • 口コミサイトやレビューサイトで、評価や口コミを見る
  • 代理店に直接問い合わせて、実績や評判を聞く

フォロー体制を確認する

LINE広告の運用は常に変化するものです。

そのため、代理店にお願いする場合は、フォロー体制を確認することがとても重要です。

フォロー体制とは、以下のような内容を確認しましょう。

  • 担当者やチームの人数や資格
  • レポートやフィードバックの頻度や方法

費用や契約条件を明確にする

代理店の料金体系や契約条件を事前に確認しましょう。

予算内でサービスを受けるために、費用に関する誤解やトラブルを避けるためにも、以下のような契約内容をしっかりと確認することが大切です。

  • 運用手数料の計算方法や支払方法
  • 契約期間や更新方法
  • 解約条件やペナルティ

LINE広告を運用してくれる代理店を探すならLINE社認定パートナーがおすすめ

LINE広告を運用してくれる代理店を探す際には、LINE社認定パートナーを利用することをおすすめします。

LINE社認定パートナーとは、LINE社が審査を行い認定した、LINE広告やLINE公式アカウントの運用に優れた代理店です。

ではなぜLINE社認定パートナーがオススメなのか?以下のようなメリットがあります。

LINE社認定パートナーがおすすめな理由
  • LINE広告の最新情報やをいち早く入手できる
  • LINE広告の運用で専用的なサポートを受けることができる

また、LINE社認定パートナーか確認する他に、LINE Green Badge取得者がいるかもチェックしましょう。

LINE Green Badge取得者がいる代理店がおすすめ

更にチェックしておくべきポイントは、「LINE Green Badge」の取得者がいる代理店を選ぶ。ということです。

LINE Green Badgeとは、LINE広告の運用に関する高度な知識や技術を持つ個人に対して認定される資格で、LINE広告の運用に優れている代理店には一定数の資格取得者がいます。

LINE Green Badge取得者がいる代理店は、以下のようなメリットがあります。

LINE Green Badge取得者がいる代理店がおすすめな理由
  • LINE広告の運用に関する最高レベルの専門性を持つ
  • LINE広告の運用に関する最新のトレンドや事例を把握している
  • LINE広告の運用に関する独自の提案や施策を行える

当ブログを運営している「総合アド」もLINE社認定のパートナー企業で、LINE Green Badge取得者も多数在籍しております。

LINE広告の運用や詳細を知りたい方は、ぜひ一度お問い合わせください。

>> お問い合わせはこちらから

まとめ

この記事では、LINE広告の運用を代理店にお願いするメリットとデメリット。また、代理店の選び方や、LINE社認定パートナーやLINE Green Badgeについて紹介しました。

LINE広告は、日本で最も利用されているSNSでありLINEを使用しているユーザーに効果的にアプローチできる方法です。

しかし、LINE広告の運用は簡単ではなく、専門的な知識やノウハウが必要です。

そのため、代理店にお願いすることで、効率的かつ効果的な広告運用が期待できるでしょう。

特に、LINE社認定パートナーやLINE Green Badge取得者がいる代理店は、LINE広告の運用に関する高い専門性や信頼性を持っていますので、ぜひチェックしてみてください。

LINE広告の運用が分からない・・・

LINE広告を配信したいが何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、164業種のLINE広告運用実績を元に、LINE広告を効果的に運用いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次