名古屋のLINE集客・MEO対策・ホームページ制作・WEB広告運用なら総合アド|お知らせ・コラム

Menu Menu

NEWS & COLUMN

2024.07.08 LINE広告

LINE広告のクリック率とは?改善ポイントを紹介!

LINE広告のクリック率とは?改善ポイントを紹介!

LINE広告を成功させるカギは、ずばり「クリック率(CTR)」です。

クリック率が高いほど、多くのユーザーが広告に興味を持ち、ホームページ等の遷移先に流入したということを意味します。

ですが、こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

「LINE広告のクリック率ってどのくらいが平均なんだろう?」

「どうすればクリック率を改善できるんだろう?」

 

この記事では、LINE広告のクリック率について詳しく解説し、改善のための具体的なポイントを紹介していきます。

成功事例や実践的な手法を通じて、クリック率向上のための改善ポイントをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

LINE広告のクリック率(CTR)とは

クリック率とは、CTR(Click Through Rate)、広告の表示回数に対してどの程度クリックされたかの【割合】を表します。

クリック率(CTR)の算出方法

クリック率(%)=クリック数÷広告表示回数×100で算出します。

クリック率の算出方法

 例)広告表示回数:50,000、クリック数:1,000 の場合、

 1,000÷50,000×100=2.0%

 クリック率は2.0%となります。

 

LINE広告の平均クリック率(CTR)

クリック率は媒体によって大きく異なりますが、LINE広告のクリック率は平均で0.3~1.5%といわれています。

この数値をみて、どう思われたでしょうか?自分の運用している広告数値と比較して高いなと感じられた方は、クリック率を高くする手段のヒントを紹介していきますのでぜひ最後まで本記事をご覧ください。

ここからは、実際に弊社 総合アドが運用しているLINE広告の事例をもとに「クリック率を上げるヒント」を紹介します。

 

【事例1】 小売店:スーパー

東海地域の小売店(スーパー)にて実施したLINE広告では、店舗から半径10kmに広告を配信し、2日間で0.82%のクリック率を達成しました。

  • ターゲティング:店舗から半径 10km
  • 配信期間:2日間
  • クリック率(CTR):0.82%
  • クリック単価:29円

ポイント

・テキストで期間やアクセスをわかりやすく補足

・視認性の高いビジュアルを採用

【事例2】 小売店:衣料品

関東の衣料品小売店が行ったLINE広告キャンペーンでは、店舗から半径10kmに20代をターゲットに配信し、10日間で1.42%という高いクリック率を達成しました。

 

  • ターゲティング:店舗から半径 10km
  • 配信期間:10日間
  • クリック率(CTR):1.42%
  • クリック単価:14円

ポイント

・セール告知でユーザーの目を惹いた

・テキストを過剰にしようぜず、視認性の高いビジュアルを採用

 

LINE広告で成果を出すなら総合アドへ

LINE広告で安定したクリック率と高い費用対効果を得るためには、適切な戦略と専門知識が必要なため、

LINE正規代理店に運用を任せるのも一つの手段といえます。

代理店は専門知識やノウハウを活かした運用が可能なので、運用がうまくいかないとお悩みの際は、一度代理店に任せてみることをおすすめします。

>> お問い合わせはこちらから<<

 

 

LINE広告のクリック率の改善ポイント

LINE広告でクリック率を改善するポイントは大きく分けて3つあります。

  • クリエイティブの改善
  • A/Bテストの重要性
  • ターゲティングの最適化

それでは、一つずつ解説していきます。

クリエイティブの改善

まず、クリック率の改善に大きく影響するのはクリエイティブです。

広告のデザインやメッセージは、視覚的に魅力的でわかりやすいものであればあるほど、ユーザーの目を引きやすくなります。

ユーザーの目に留まるクリエイティブを工夫することで、クリック率は大きく変化するでしょう。

LINE広告では以下のようなクリック率の改善事例があります。

数多くの人気ゲームタイトルを手がける株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)では、LINE広告を活用して、アプリの新規ユーザーの獲得で効果を上げています。

新規ユーザーを増やすためのクリエイティブは、常にPDCAを回して改善を行っています。特に目覚ましい改善があったのは、アプリゲーム「逆転オセロニア」で実施したキャンペーンでした。最初のクリエイティブでは、3体の有名キャラクター画像にコピーを15文字程度載せていましたが、LINE NEWSに掲載する「カード」のフォーマットでは視認性が低くなることに着目し、掲載キャラクターを1体に絞り、コピーも4文字に削減。その結果、CTRが200%以上改善し、CVR(コンバージョン率)も110%以上改善しました。

結果的にCPI(アプリのインストールにかける費用)も改善し、配信面を意識したクリエイティブ作成の重要性を改めて実感したそうです。
引用:https://campus.line.biz/line-ads/courses/creative-tips/lessons/da-3-2-5

また、配信先のフォーマットにあわせて効果の高い広告が配信されます。画像サイズは可能な限り多く用意をしておきましょう。

LINE広告の入稿規定やサイズに関しては、下記の記事を参考にしてみてください。

A/Bテストの重要性

クリエイティブの最適化により、クリック率の改善を図ることができます。

広告のクリエイティブやテキストに対して、A/Bテストを行うことで、どの要素がクリック率に影響するのかを明確にすることができます。

効果的な広告を作成するためには、定期的にA/Bテストを実施することをおすすめします。

以下はA/Bテストの基本的な手順です。

  1. クリック率やCV率の改善、広告費用対効果の最大化など、明確な目標を設定する
  2. ターゲティングや広告テキスト、画像など、一つずつわかりやすく変更し測定する。
  3. テスト期間中にデータを収集し、クリック率などの指標を比較して結果を確認する。
  4. 繰り返しテスト、比較を行い、データに基づいて改善点を特定。
  5. 効果の良いテキスト、クリエイティブを実際のキャンペーンに適用して広告効果を最大化する。

ターゲティングの最適化

次にターゲティングについてです。

ターゲティングはしっかり設定されていますでしょうか?

クリック率を改善するためには、ターゲットユーザーの属性や行動に基づいた精度の高いターゲティングが不可欠です。

LINE広告では、ユーザーの性別、年齢、地域、興味・関心、購買履歴、アプリ利用状況などを条件に設定することができます。

これにより、適切なオーディエンスに対して的確に訴求することが可能となり、クリック率の改善が期待できます。

ただし、ターゲティングをあまり細かく設定しすぎると、広告のリーチ数が減少するリスクもあります。

そのため、適切なバランスを見極めることが重要です。定期的なA/Bテストやデータ分析を通じて、最適なターゲティング設定を見つけ出し、広告効果を最大化する取り組みが求められます。

このバランスを保つことで、効果的な広告キャンペーンを展開し、ユーザーの関心を引きつけることが可能となります。

 

まとめ

まとめ

今回の記事では、クリック率とは?から事例を踏まえて、クリック率の改善方法までご紹介しました。

クリック率の改善するには、ターゲティングとクリエイティブの最適化が重要です。

適切なターゲティングを行いつつ、魅力的で効果的なクリエイティブを作成し、定期的にA/Bテストを実施することで、広告の効果を最大化しましょう。

これにより、より多くのユーザーにアプローチし、クリック率を改善させることが可能です。

LINE広告の運用が分からない・・・

LINE広告を配信したいが何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

LINE正規代理店の総合アドは、164業種のLINE広告運用実績を元に、LINE広告を効果的に運用いたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

Archive

ALL

2024

0102

03

04050607

08

09

10

11

12

2022