名古屋のLINE集客・MEO対策・ホームページ制作・WEB広告運用なら総合アド|お知らせ・コラム

Menu Menu

NEWS & COLUMN

2023.09.04 活用方法

LINE広告の効果はどれくらい?LINE広告の強みや相性が良い業界もご紹介

LINE広告の効果はどれくらい?LINE広告の強みや相性が良い業界もご紹介

LINE広告は、様々な業界業種で活用されており、新規顧客を獲得し、ビジネスを成長させるための重要な広告手段となっています。

その効果的な活用方法やポイントを把握し、戦略的な広告キャンペーンを展開することは、競争が激化するビジネス環境での成功に向けた重要なステップです。

そこでこの記事では、LINE広告の効果が高いと言われる3つの理由から始め、LINE広告を運用する際のポイントや、成功事例から期待できる可能性についても詳しく解説いたします。

最後まで読んでいただければ皆様のビジネスを広げる可能性となることでしょう。

LINE広告は効果が出やすいと言われる3つの理由

LINE広告を含むWEB広告には様々な種類がありますが、その中でもLINE広告は以下3つの理由から効果が出やすいと言われています。

LINE広告が効果が出やすい理由
  • 利用者数が多い
  • 幅広い年齢層に利用されている
  • 様々なターゲティング設定をすることができる

利用者数が多い

LINEは日本全国で9,500万人のアクティブユーザーを抱えており、その広告プラットフォームを通じて多くのユーザーに情報を届けることができます。

LINE広告を活用することで、他の広告媒体ではリーチできないユーザーにも情報を届けることができ、広告キャンペーンの成功率を高めることが可能です。

また、新商品のプロモーションやセール情報の告知、イベントの宣伝など、多くの人々に瞬時にメッセージを届けることができ、効果的な集客が期待できるでしょう。

幅広い年齢層に利用されている

LINEは他SNSと比較しても圧倒的に利用者数が多いですが、利用している年齢層も幅広いという特徴があります。

若年層から中高年まで、多様な世代にリーチできるため、様々な業界、企業での効果を期待することができるでしょう。

また、この後ご紹介しますが、特定の年齢層に焦点を当てて広告配信を行ったり、全世代を対象とした広告配信など多様なターゲティングに対応することができるのも特徴の一つです。

例えば、若年層向けのファッションアイテムや中高年向けの健康製品を宣伝する場合、LINE広告を活用することで幅広いユーザーグループに効果的にリーチすることができます。

様々なターゲティング設定をすることができる

LINE広告は、ユーザーの属性、行動、興味に基づいた様々なターゲティング設定が可能です。

広告の効果を最大化するためには、正確なターゲットにリーチすることは必要不可欠となるため、顧客の属性データや行動履歴を活用し、ターゲットの絞り込みを行いましょう。

また、特定の地域に住むユーザーに地域限定のプロモーションを提供することができたり、特定の興味を持つユーザーに対して関連商品を紹介。

これらターゲティングを活用することにより、無駄な広告費を削減し、特定のターゲットに訴求する効果的なキャンペーンを展開することができます。

LINE広告のターゲティングについて、こちらの記事で解説しているので気になる方はご覧ください。

LINE広告を活用して効果を出した事例

広告運用の結果を見ている人

LINE広告は様々な業界で効果的に活用されていますが、今回はLINE広告を活用し効果を出した業界と事例をご紹介したいと思います。

事例1:ECサイトにおける効果

事例1つ目は、健康食品・スキンケア・ヘアケアなどの自社通販事業(ECサイト)を展開している「さくらフォレスト株式会社」。

他メディアで配信効果の高かったクリエイティブをLINE広告に“横展開”し、新たなLINE広告フォーマット「画像(アニメーション)」を活用。

また、自社で保有するデータを基に類似オーディエンスを30件超作成して類似配信を行い、PDCAを回しました。

これらの取り組みにより、「画像(アニメーション)」や複数の類似オーディエンスを利用した広告配信後、3ヵ月で月間の新規獲得件数が6倍になる効果を得ました。

LINE広告の類似オーディエンスを活用し効果を出した良い事例となります。

>> さくらフォレスト株式会社のLINE広告の取り組み詳細はこちらから

事例2:美容用品、小売における効果

事例2つ目は、若年層の女性をメインターゲットにサブスクリプションで商品展開しているデジタル発のD2Cブランド「MEDULLA」。

LINE広告では、トークリストやLINE NEWSなどのさまざまな掲載面に広告を配信し、ユーザーの興味やニーズに合わせてターゲティングを行っています。

広告クリエイティブでは、商品の特徴や魅力を伝える動画や画像を使用し、LINE公式アカウントへの友だち追加やWEBサイトへの誘導を促しており、LINE広告の効果として、全体のCV数が3倍になるとともに、友だち追加数も大幅に増加しました。

また、LINE広告の配信後にもLINE公式アカウントを上手く活用することにより、ユーザーのリピート率も向上しました。

LINE広告で効果を出した後もLINE公式アカウントでユーザーを囲い込んだ事例となります。

>> 「MEDULLA」のLINE広告の取り組み詳細はこちらから

事例3:不動産における効果

事例3つ目は、20〜40代のファミリー層をターゲットにした戸建事業を展開している「オープンハウスグループ」。

LINE広告のクリエイティブ改善に取り組んで、戸建事業のWeb会員登録者数を大幅に増やしました。

2021年10月にLINE広告の運用をインハウス化する際、各エリアの営業担当からクリエイティブ制作に関する意見をヒアリングし、顧客データ分析と現場の声をデジタル施策に反映。

その結果、クリエイティブが改善したことにより、CVRは前年比158%改善、CPAは前年比68%抑制することができた。

また、資料請求数も通常時と比較し142%増加、CPAは82%抑制することができた事例になります。

>> 「オープンハウスグループ」のLINE広告の取り組み詳細はこちらから

LINE広告を運用する上でのポイント

先ほどは、LINE広告の運用を行い効果を出した事例をご紹介しましたが、ここからは効果的にLINE広告を運用する方法をご紹介したいと思います。

効果的に運用するためには、以下ポイントに注意することがとても大切です。

ターゲティング設定の最適化
  • ターゲット設定の最適化
  • 魅力的なクリエイティブの作成
  • LINE広告を運用してくれる代理店にお願いする

ターゲット設定の最適化

LINE広告では、ターゲットの細分化と興味関心に基づいた設定が効果を高めます。

顧客の属性や行動データを活用して、ターゲットを絞り込みましょう。

例えば、特定の地域に商品を提供する場合、その地域のユーザーにターゲット設定を行い広告を表示するように設定。

また、若者が使用する美容用品を提供する場合は、若年層で美容に興味関心があるユーザーにターゲット設定を行い広告を表示するように設定しましょう。

このようにLINE広告では、詳細にターゲティング設定を行うことができるため、より効果的に活用することができます。

魅力的なクリエイティブの作成

効果的な広告は、魅力的なクリエイティブが欠かせません。

画像やコピーライティングに工夫を凝らし、ユーザーの興味を引く広告を制作しましょう。

また、季節やトレンドに合わせたクリエイティブを用意することも大切で、ユーザーが何を求めているかを考えながらクリエイティブ作成をするのもポイントの一つです。

LINE広告を運用してくれる代理店にお願いする

ここまでご紹介した内容を意識してLINE広告の運用を行ったとしても、効果的な運用を行えない可能性もあります。

LINE広告を効果的な広告配信を行うためには相応の経験や知識も必要でしょう。

そこで、効果的な運用を行うポイントとして、LINE社の正規代理店に相談し、専門家のサポートを受けることもおすすめです。

LINE広告の代理店は広告戦略の立案から実行までトータルでサポートしてくれるため、広告運用の効果向上にも期待することができます。

まとめ

LINE公式アカウントを活用した集客は、適切な戦略と情報を持つことで効果的に広告配信を行うことができます。

広告の特長をよく理解し、相性の良い業界での成功事例を参考にしながら、自身のビジネスに合った活用方法を見つけましょう。

また、LINE広告の運用がよく分からない。LINE広告を運用しているが効果を感じることができない。

そのような方は、LINE広告の運用を代行してくれる代理店にお願いするのも一つの手段です。

LINE広告の運用が分からない・・・

LINE広告を配信したいが何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、164業種のLINE広告運用実績を元に、LINE広告を効果的に運用いたします。

Archive

ALL

2024

0102

03

040506

07

08

09

10

11

12

2022