名古屋のLINE集客・MEO対策・ホームページ制作・WEB広告運用なら総合アド|お知らせ・コラム

Menu Menu

NEWS & COLUMN

2023.04.12 WEB広告

WEB広告出稿を考えている方必見!代表的な運用型広告3つをご紹介

WEB広告出稿を考えている方必見!代表的な運用型広告3つをご紹介

突然ですが、この記事を見ていただいている方は、WEB広告出稿をご検討していますでしょうか?

そして、このようなお悩みを抱えているのではないでしょうか?

  • 集客をしたいのにどうすればいいのかわからない
  • 業務が多く、WEB広告の管理まで手が回らない
  • 広告出稿したものの効果が得られなかった

そこでこの記事では、広告出稿を始める際に知っていてほしい代表的な運用型広告を3つをご紹介したいと思います。

最後まで読んでいただくことで、WEB広告を理解し、自分がどのような方法で広告出稿したらいいかわかるようになるでしょう。

WEB広告とは?

WEB広告の画像

Web広告とはインターネット上のメディアに掲載される広告のことです。

つまり、インターネットを通じた広告であれば、Web広告に分類されます。

Webサイトや検索エンジンの検索結果ページ、SNSのタイムラインなどに設けられた広告枠を利用して、広告を出稿させることで商品やサービスの認知拡大や売上向上を狙う仕組みです。

Web広告と一口に言ってもさまざまな種類があり、自社の課題やフェーズ、ターゲットによって使い分ける必要があります。

また、WEB広告には大きく分けて2種類あるので確認していきましょう。

純広告

純広告とは、特定の広告媒体と広告枠を一定期間買い取り掲載する広告です。

分かりやすい例として、Yahoo!JAPANのトップページ右上の枠が純広告にあたります。※画像例:ディスプレイ広告

広告例

純広告は、アクセス数が多いWEBサイトに掲載することが多いため、自社製品をよく知らない潜在層に認知向上を図ることができる反面、掲載費用は高額になることが多いです。

ですが、掲載期間や表示回数などを決める保証型の契約が多いため、

  • 高額な費用をかけても運用コストをかけたくない
  • 潜在層に広くアプローチしたい

という方におすすめです。

運用型広告

運用型広告とは、配信している間も成果を見ながら、広告予算の上限や配信期間等をリアルタイムで変更することができ、予算や広告内容の関連性を踏まえた上で最適な広告枠に出稿をしてくれます。

費用対効果の悪い広告を配信途中で止める、または配信途中にクリエイティブの内容を変更することも可能となっております。

  • 少額の費用から広告出稿をはじめたい
  • 配信結果を見ながら、予算追加や広告内容を変えたい

という方におすすめです。

WEB広告の大枠は分かっていただいたと思うので、今回は運用型広告にフォーカスして代表的なWEB広告を3つ紹介したいと思います。

WEB広告の種類

WEB広告の種類

先程、「WEB広告には大きく分けて2種類ある」とお伝えしましたが、純広告と運用型広告を細分化すると以下の13種類のWEB広告に分かれます。

WEB広告の種類
  1. リスティング広告
  2. ディスプレイ広告
  3. リターゲティング広告
  4. アフィリエイト広告
  5. アドネットワーク広告・DSP
  6. ネイティブ広告
  7. 純広告・バナー広告
  8. 記事広告
  9. リワード広告
  10. 動画広告
  11. SNS広告
  12. メール広告
  13. デジタル音声広告

上記13種類のWEB広告に関するご紹介は別の記事で説明するとして、その中でも運用型広告での代表的なWEB広告3つをご紹介したいと思います。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、WEBサイトや検索結果画面などに掲載される広告のことです。

バナーで表示されることが多く、バナー広告とも呼ばれます。

テキスト+画像や動画を使うことが多いため、直接視覚に入る情報が多く、より多くの情報をユーザーへアピールすることができます。

ディスプレイ広告のメリットとしては、

  • 潜在層へのアプローチに効果的
  • リターゲティングができる
  • ビジュアル表現により企業様のブランディングが可能
  • リスティング広告よりもクリック単価が安価

デメリットとしては、潜在層にアプローチすることがメインとなるため結果として繋がりにくいという点が挙げられます。

ユーザーに商品の認知・サービスの理解させ興味関心をもってもらうことが一番の目的となります。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などでユーザーが検索したワードに対して検索結果に表示される広告のことです。

リスティング広告は別名「検索連動型広告」とも呼ばれています。

クリック課金制となっており、検索結果に表示されるだけでは予算が消化されない仕組みとなっています。

リスティング広告のメリットとしては、

  • 検索キーワードを設定するだけで即日出稿が可能
  • 購入意欲の高いユーザーにアプローチが可能

デメリットとしては、テキストが中心になるためビジュアル面での訴求が難しくなっています。

また、キーワードの選定によって広告が表示されるかが、決まるため広告出稿に関しての知識が浅い場合、十分な費用対効果が得られないことがあります。

SNS広告

SNS広告とは、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、TikTokなどのプラットフォームに配信する広告のことです。

SNS広告はユーザーがSNSに登録したときの情報やその後の利用傾向を基に、詳細なターゲティング設定が可能となっています。

SNS広告のメリットとしては、

  • 低予算から出稿ができる
  • 他の広告では届かないような幅広い層に広告を届けることができる
  • 広告特有のプッシュ感を感じさせないような広告づくりが可能

デメリットとしては、広告を掲載する媒体(SNS)選びが難しいという点です。

知識が少なくても広告出稿は可能ですが、効果的な広告を配信するためには媒体選び、媒体に見合った広告内容を出稿することが重要となっております。

まとめ

以上、代表的な3つの広告媒体を紹介いたしました。

いずれも広告出稿自体は難しくないのですが、運用・管理が非常に重要となっています。

まずは広告を出稿する目的やターゲット層を明確にし、ターゲットと各広告媒体の特徴を理解したうえで出稿先を決めるようにしましょう。

LINE広告の運用が分からない・・・

LINE広告を配信したいが何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、164業種のLINE広告運用実績を元に、LINE広告を効果的に運用いたします。

Archive

ALL

2024

0102

03

0405

06

07

08

09

10

11

12

2022