名古屋のLINE集客・MEO対策・ホームページ制作・WEB広告運用なら総合アド|お知らせ・コラム

Menu Menu

NEWS & COLUMN

2024.05.20 LINE公式アカウント

LINE公式アカウントの運用を成功させるポイント5選!

LINE公式アカウントの運用を成功させるポイント5選!

現代のマーケティング手法において、LINE公式アカウントは顧客との直接的なコミュニケーションを可能にするツールとして多くの企業で活用されています。

このプラットフォームを利用することで、企業や組織はリアルタイムで顧客との関係を築き、マーケティング活動の強化やLINEを通じた売り上げ構築をすることも可能です。

この記事を読んでいる方の中には、LINE公式アカウントを効率よく運用していきたい。そのように思っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、LINE公式アカウント効果的に運用し、マーケティングや情報発信の一環としてその潜在能力を最大限に引き出すためのポイントを詳細に解説します。

 

LINE公式アカウントを運用する事前準備

まずLINE公式アカウントを効果的に運用するためには、事前準備から始まります。

事前準備で行うべき内容はステップで解説します。

  • アカウントを開設する
  • 友だちを集める
  • 定期的な情報配信を行う

 

アカウントを開設する

LINE公式アカウント運用するためには、アカウントを開設する必要があります。

開設方法については、こちらの記事で詳しく開設しているのでご覧ください。

今回お伝えしたいのは、LINE公式アカウントを開設した後のプロフィールの設定です。

アカウント名やプロフィール写真、そしてプロフィールの説明文は、訪れる全てのユーザーに対して初めての印象を与える要素となります。

ここでは、企業や商品のブランドイメージに合致する魅力的なビジュアルと、簡潔でありながらも情報豊かな説明文を用意することが求められます。

これらはユーザーがアカウントに友だち登録をする動機付けと直接関連するため、非常に慎重な配慮が必要です。

友だちを集める

LINE公式アカウントを開設後に欠かせない工程が「友だち」を集めることがです。

ウェブサイトや他のSNS、広告や実店舗など、さまざまなチャネルを活用してQRコードを展示し、LINEアカウントへの友だち追加を促します。

具体的で効果的な方法としてよく挙げられるのが、新規顧客に対して特典を提供するキャンペーンを行うことで、アカウントの追加を促すことができます。

いざLINE公式アカウントを開設して運用を行おうとしても友だちがいなければ効果が薄れてしまいますので、積極的に友だち追加を促していきましょう。

定期的な情報配信を行う

友だちを集めた後に行うのが、ターゲットに合わせた一貫性と定期性を持って情報を配信することが重要になってきます。

可能であれば配信スケジュールを設定し、週に何回かのペースで新しいコンテンツをユーザーに提供します。

こうした定期的なコミュニケーションによって、ユーザーとの関係を強化し、LINE公式アカウントへの関心を持続させることでブロック率の低減にも繋がります。

ちなみに、LINE公式アカウントのブロック率は20〜30%と言われています。皆様のアカウント状況はいかがでしょうか?

LINE公式アカウントの運用を成功させる5つのポイント

閃いた男性

ここまではLINE公式アカウントを運用するまでの最低限の事前準備についてご紹介しました。

続いては効果的な運用を実現するためには、以下の5つのポイントをご紹介します。

  • KPIの設定を行う
  • LINE公式アカウントの機能を活用する
  • 視覚的訴求を行う
  • 配信を工夫する
  • PDCAを回す

KPIの設定を行う

効果的な運用には、KPI(目標)とする成果を明確にすることが不可欠です。

友だち数の増加、メッセージの開封率、クーポンのクリック率や反応率など、運用の各面で具体的なKPI(目標)を設定します。

これにより、戦略の有効性を定量的に評価し、必要に応じて運用方針の調整を行うことが可能になります。

LINE公式アカウントの機能を活用する

LINE公式アカウントは、リッチメニューや自動応答、クーポン機能やショップカードなど、多様な機能が無料で提供されています。

例えば、リッチメニューを利用してユーザーが興味を持ちそうなコンテンツへ簡単にアクセスできるように設計したり、特定のターゲットに向けたパーソナライズされたメッセージを送ることで、より高いエンゲージメントを可能にします。

これらの機能を最大限に活用することで、ユーザー体験を向上させ、アカウントの価値を高めることができるでしょう。

当サイトでは、LINE公式アカウントに関する様々な機能をご紹介しましていますので、気になる方はチェックしてみてください。

視覚的訴求を行う

人は視覚的な情報に強く引かれるため、画像や動画を用いたコンテンツは特に効果的です。

動画では、商品の使い方を説明するチュートリアルや、製品の魅力を前面に出したプロモーションビデオなど、多様なアプローチが可能です。

また、画像を使用する場合は、鮮やかで目を引くデザインを心がけ、ユーザーの注意を引きつけましょう。これらの視覚的要素は、テキストだけのメッセージよりも高い反応を得ることができ、コミュニケーションの効果を大きく向上させます。

LINE公式アカウントでは、リッチメッセージと呼ばれる視覚的訴求に特化した配信をすることができますので、こちらの記事で確認してみてください。

配信を工夫する

配信内容や配信する方法に工夫を凝らし、ユーザーに新鮮さを提供することで効果的な運用を行うことが可能です。

例えば、季節ごとのイベントに合わせた特別なプロモーションを行ったり、ユーザーの反応を分析して最も関心が高い時間帯に配信を行うなど、戦略的な配信計画が求められます。

また、ユーザーの反応を見ながら、LINE公式アカウントの機能を活用し表現方法を柔軟に変更することで、常に最適なコミュニケーションを図ることができます。

PDCAを回す

運用の全過程において、PDCAサイクル(計画-実行-評価-改善)を効果的に回すことが、持続的な成長と改善への鍵となります。

LINE公式アカウントでは管理画面から分析、効果測定をすることができるため、各段階で得られるデータとフィードバックを基に、戦略の見直しや新たなアプローチの導入を行い、運用の質を継続的に高めていくことが重要です。

これにより、より多くのユーザーとのエンゲージメントを確保し、長期的な関係構築につなげることができます。

効果的な運用を行うなら総合アドへ

さらに効果的なアカウント運用を目指す場合、弊社、総合アドのようなLINE公式アカウントの正規代理店との連携を検討することも一つの手段です。

正規代理店は、LINE公式アカウントの運用に関する専門知識と経験を持っており、ここまでご紹介した効果的なポイントを意識しながら、戦略的な広告展開やデータ分析を通じて、より効果的なアプローチを提供できます。

これにより、目標達成への道筋をより明確にし、ROI(投資収益率)を最大化することができるでしょう。

LINE公式アカウントをより効果的に運用したい。どのように運用したらいいか分からないなど、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

専門的な知識を元に皆様の運用をサポートしていきます。

>> お問い合わせはこちらから

まとめ

LINE公式アカウントを効果的に運用することは、顧客との直接的な関係を深め、ブランドの認知度とロイヤリティを向上させる絶好の機会です。

今回ご紹介した以下5つのポイント

  • KPIの設定を行う
  • LINE公式アカウントの機能を活用する
  • 視覚的訴求を行う
  • 配信を工夫する
  • PDCAを回す

上述のポイントを適切に活用し、計画的な運用を行うことで、その潜在能力を最大限に引き出し、ビジネスの成長を加速させることができるでしょう。

LINE公式アカウントを導入しても…

何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、全国4,000アカウント以上の運用実績を元に、配信内容のご相談や運用方法の計画もしっかりとサポート致します。

Archive

ALL

2024

0102

03

040506

07

08

09

10

11

12

2022