LINE公式アカウントの作り方:完全ガイド

アイキャッチ画像

今や37万を超える企業が利用しているLINE公式アカウント

よく目につくし、はじめてみようかな…でも…

  • そもそもどうやってLINE公式アカウントを作ればいいの?
  • LINE公式アカウントを作るのってめんどくさそう

そんなLINE公式アカウントの導入を検討している方へ

この記事では、LINE公式アカウントの作り方や、LINE公式アカウントの開設に関してのポイントなどをご紹介します!

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてみてくださいね。

目次

LINE公式アカウントとは何か?

イメージ
LINE公式アカウントとは何か?

そもそも「LINE公式アカウント」とは何でしょうか? 知らない方のためにも、詳しくご紹介します。

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、言うなれば会社やお店専用の「LINE」アカウントのことです。

LINE公式アカウントにはメッセージ配信だけでなく、クーポンやショップカードなどのコンテンツもあり、画面をタップするだけで済む機能が多いため、60歳以上の年配の方でも簡単に操作ができます。

お店側でもユーザー側でも“気軽に”利用できる点が、LINE公式アカウントの大きな魅力となっています。

LINE公式アカウントの詳しい内容はこちら

企業がLINE公式アカウントを持つ理由

LINE公式アカウントには、「再来店を促す」ことに適した機能が多くあります。
(例)メッセージ配信、クーポン、ショップカードなど

イメージ
「再来店」へのサイクル

上記画像のように、来店→LINE公式アカウントの友だちになる→ショップカードや、LINE公式アカウントからのメッセージ配信クーポンを獲得する→獲得したショップカードやクーポンを利用するために来店する

このような「再来店」へのサイクルにより、リピーターの割合UP(=顧客の安定化)を図ることが可能です。

LINE公式アカウントによる集客方法の詳しい内容はこちら

また、“気軽”なLINE公式アカウントだからこそ、顧客自身で身の回りの人に勧めてくれる場合もあります。

【LINE公式アカウントからメッセージ】
LINE友だち限定で人気商品◯◯%OFF!

友だち追加すれば◯◯%OFFらしいよ!してみたら?

(まぁ、今後要らなければブロックすればいいし)
友だち追加してみようかな!

LINE公式アカウントの友だちによる働きかけで、集客(=新規顧客の獲得)につながります。

LINE公式アカウントは“気軽”なツールだからこそ、きちんと運用すれば「認知~顧客獲得」まで十分な効果を発揮できますが、運用を怠ると全く意味の無いものになってしまいます

LINE公式アカウントの運用は継続的に行うようにしましょう。

LINE公式アカウントの主な機能とは

LINE公式アカウントには多くの機能があります。

  • メッセージ配信
  • チャット
  • 自動応答メッセージ
  • LINE VOOM
  • クーポン
  • ショップカード など

これらの機能は全て無料で利用することができ、使い方・作り方も簡単です。

LINE公式アカウントの各機能については、下記の記事をぜひご参照ください。

LINE公式アカウントでできることの詳しい内容はこちら

LINE公式アカウントの作り方

LINE公式アカウントの作り方を、パソコン・スマートフォンそれぞれでご紹介します。

※完成するLINE公式アカウントは未認証アカウントです。

LINE公式アカウントを「認証済みアカウント」にする方法や、各種類の詳細は後ほどご紹介します。

LINE公式アカウントの作成:PCの場合

LINE公式アカウントをPC(Web)で作る方法を解説します。

  1. LINEヤフーforBusinessで「LINE公式アカウントをはじめる」を選択
LINE公式アカウント管理画面
1.LINEヤフーforBusinessで「LINE公式アカウントをはじめる」を選択
  1. LINEBusinessIDを作成
  • LINEアカウントで登録の場合
LINE公式アカウント管理画面
2.LINEBusinessIDを作成:LINEアカウントで登録の場合

個人のLINEアカウントを連携しLINE公式アカウントを作成したい場合は、「LINEアカウントで登録」を選択してください。

個人のLINEアカウントに登録しているメールアドレスとパスワードを入力するか、または「QRコードログイン」を選択し、画面に表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ってログインをします。

  • メールアドレスで登録の場合

LINE公式アカウントを複数人で運用したい、LINE公式アカウントの担当者を定期的に変える予定、など他者が関与する可能性がある場合は「メールアドレスで登録」をオススメします。

LINE公式アカウント管理画面
2.LINEBusinessIDを作成:メールアドレスで登録の場合

メールアドレスでLINE公式アカウントを作成したい場合は、「メールアドレスで登録」を選択してください。

入力したメールアドレス宛に、LINEヤフー株式会社よりメールが届くので「登録画面に進む」を選択し、名前とパスワードを登録します。

※URLが添付されたメールが届くため、迷惑メール設定などで受信拒否となってしまう場合があります。メールが受け取れるように、予め設定を確認しましょう。

LINEBusinessIDの「名前」はLINE公式アカウントの名前ではなく、登録用の名前となります。外部に公開されるものではないので、会社名や担当者名など管理として分かりやすい名前でOKです。

  1. 会社・店舗情報を登録
LINE公式アカウント管理画面
3.会社・店舗情報を登録

アカウント名や業種など、必須項目を中心に情報を登録してください。

全て入力を終え「確認」を選択すると、LINE公式アカウントの作成が完了します。

LINE公式アカウントの作成:スマホの場合

LINE公式アカウントをスマートフォンで作る方法を解説します。

  1. LINE公式アカウントのアプリをインストール
LINE公式アカウント
1.LINE公式アカウントのアプリをインストール

AppStoreまたはPlayStoreにて「LINE公式アカウント」と検索をし、アプリをインストールしてください。

※「LINE」と「LINE公式アカウント」のアプリは別物です。

  1. LINEBusinessIDを作成
  • LINEアカウントで登録の場合
LINE公式アカウント管理画面
2.LINEBusinessIDを作成:LINEアカウントで登録の場合

個人のLINEアカウントを連携しLINE公式アカウントを作成したい場合は、LINE公式アカウントのアプリを開き「LINEアプリで登録・ログイン」を選択してください。

LINE公式アカウントについての注意事項を確認し、認証を許可した後「アカウントを作成」に進みます。

アカウント名や業種など、表示される項目を入力し「確認」を選択すると、LINE公式アカウントの作成が完了します。

  • メールアドレスで登録の場合

LINE公式アカウントを複数人で運用したい、LINE公式アカウントの担当者を定期的に変える予定、など他者が関与する可能性がある場合は「メールアドレスで登録」をオススメします。

LINE公式アカウント管理画面
2.LINEBusinessIDを作成:メールアドレスで登録の場合

メールアドレスでLINE公式アカウントを作成したい場合は、スマートフォンでこちら(Web版の作成画面)を開き「メールアドレスで登録」を選択してください。

LINE公式アカウントのアプリからは、メールアドレスでLINE公式アカウントを作ることができません。(ログインは可能)

そのため、メールアドレスでLINE公式アカウントを作成したい場合は、LINE公式アカウントのアプリではなく、スマートフォンでWeb版のアカウント作成画面を開き作成してください。

入力したメールアドレス宛に、LINEヤフー株式会社よりメールが届くので「登録画面に進む」を選択し、名前とパスワードを登録します。

※URLが添付されたメールが届くため、迷惑メール設定などで受信拒否となってしまう場合があります。メールが受け取れるように、予め設定を確認しましょう。

LINEBusinessIDの「名前」はLINE公式アカウントの名前ではなく、登録用の名前となります。外部に公開されるものではないので、会社名や担当者名など管理として分かりやすい名前でOKです。

アカウント名や業種など、必須項目を中心に入力し「確認」を選択すると、LINE公式アカウントの作成が完了します。

LINE公式アカウントのログイン

イメージ
LINE公式アカウントのログイン

LINE公式アカウントを作成した時と同様に、「LINE」または「メールアドレス(=ビジネスアカウント)」で、LINE公式アカウントの管理画面にログインすることができます。

Webサイトでこちらまたは、LINE公式アカウントのアプリから、LINE公式アカウントを作成した時に登録した内容(LINEまたはメールアドレス)を入力してください。

ログイン方法の詳しい内容はこちら

LINE公式アカウントの種類

LINE公式アカウントの種類
左:プレミアムアカウント・真ん中:認証済アカウント・右:未認証アカウント

LINE公式アカウントには、「未認証アカウント」「認証済みアカウント」というアカウント種類があります。

「未認証アカウント」と「認証済みアカウント」の主な違いは下記の通りです。

スクロールできます
 未認証アカウント認証済みアカウント
1.バッジの色灰色青色(紺色)
2.検索表示されない表示される
3.決済方法クレジットカードクレジットカード・請求書決済
4.友だち集めコンテンツ利用不可利用・購入可能
5.友だち追加広告利用不可利用可能
6.LINE内での掲載掲載不可掲載可能
7.メンバーシップ利用不可利用可能
8.リサーチの自由回答利用不可利用可能
「未認証アカウント」と「認証済みアカウント」の違い
  1. バッジの色
    緑色は「プレミアムアカウント」となっており、LINEヤフー株式会社の設ける基準(内容非公開)に達した一部のアカウントのみ対象となります。
  2. 検索
    「未認証アカウント」の場合、アカウント名で検索をかけてもLINEアプリ内の「友だち」検索結果に表示されません。(※ID検索は可能。)
  3. 決済方法
    「認証済みアカウント」では、クレジットカードに加え、株式会社ラクーンが運営する「Paid」を利用した請求書決済も利用できます。
  4. 友だち集めコンテンツ
    LINE公式アカウントからLINEキャラクターが描かれたポスターなどを、無料でダウンロードすることができます。また、三角POP・ステッカーといった有料ノベルティの購入も可能です。
  5. 友だち追加広告
    LINEのトークリストなどに表示し、LINE公式アカウントの友だち追加を促す広告を利用できます。(※一部業種を除く)
  6. LINE内での掲載
    LINE内の「おすすめの公式アカウント」や「LINEクーポン」に、自社のLINE公式アカウント情報やクーポンを、任意で掲載することができます。
  7. メンバーシップ
    LINE公式アカウントでサブスクリプションサービスを作成することができる機能です。
  8. リサーチの自由回答
    LINE公式アカウントの機能である「アカウント満足度調査」「リサーチ」にて、選択回答だけでなく認証済みアカウントであれば「自由回答」を設定することができます。

「未認証アカウント」と「認証済みアカウント」で、LINE公式アカウントの機能差などはほとんどありません。
しかし、「認証済みアカウント」の方が「未認証アカウント」よりもメリットが多いため、“非公開の状態でLINE公式アカウントを運用したい”といった理由が無ければ、「認証済みアカウント」がオススメです。

※「認証済みアカウント」=「有料」ではありません。「認証済みアカウント」であっても、料金プランがコミュニケーションプランの場合は、0円で利用することができます。

アカウント種類の詳しい内容はこちら

LINE公式アカウントのプラン

LINE公式アカウントには、料金プランが3種類あります。

コミュニケーションプランライトプランスタンダードプラン
月額固定費0円5,000円15,000円
無料メッセージ/月200通5,000通15,000通
追加メッセージ不可不可~3円/1通
LINE公式アカウントの料金プラン

各プランでのLINE公式アカウントの機能差はありませんが、月に配信できる無料メッセージ通数追加メッセージが大きく異なります。

LINE公式アカウントの料金プランは、都度変更することができます。(※プランダウンは月ごと)

LINE公式アカウントの友だち数に合わせて有料プランへ変更しましょう。

料金プランの詳しい内容はこちら

LINE公式アカウントを「認証済みアカウント」にする方法

イメージ
LINE公式アカウントを「認証済みアカウント」にする方法

LINE公式アカウントを「認証済みアカウント」にするには、LINEヤフー株式会社への申請が必要になります。

LINEヤフー株式会社への申請は、下記の手順で行うことができます。

  1. 認証済みアカウントにしたいLINE公式アカウントにログインし、管理画面の「設定」を開きます。
  2. 「アカウント認証をリクエスト」を選択すると、「認証申請の流れとポイント」が確認できますので審査の内容も含めしっかりと目を通した後に問題無ければ「アカウント認証を申請」してください。
LINE公式アカウント管理画面
「認証済みアカウント」への申請手順

「認証済みアカウント」の注意点

LINE公式アカウントを「認証済みアカウント」に申請する際の注意点です。

  • アカウント内容の審査完了には、5~10営業日かかります
  • 申請者への本人確認を行う場合があります。
  • 「認証済みアカウント」の申請中であっても、未認証アカウントとしてLINE公式アカウントを利用することが可能です。
  • 「認証済みアカウント」になった場合でも、アカウントIDやQRコードは変わりません。
  • 「認証済みアカウント」になった場合、LINE公式アカウントのアカウント名を変更することはできません。(※一部除く)

アカウント名の変更に関してはこちらの記事をご参照ください。

アカウント名変更の詳しい内容はこちら

※この記事の内容は2023年12月時点のものです。

まとめ

イメージ
LINE公式アカウントの作り方:完全ガイド まとめ

認知~顧客獲得まで、ビジネスとして活用しやすい「LINE公式アカウント」。

面倒な準備や難しい手続きは無く、パソコン・スマートフォンを使って簡単に作ることができます。

個人のLINEアカウントを連携する、もしくはメールアドレスを登録する、という2種類の作成方法がありますが、LINE公式アカウントを運用するにあたり、他者と関与する可能性が高い場合は「メールアドレスで作成」をオススメします。

  • LINE公式アカウントの作成:PCの場合
  1. LINEヤフーforBusinessで「LINE公式アカウントをはじめる」を選択
  2. LINEBusinessIDを作成
  3. 会社・店舗情報を登録
  • LINE公式アカウントの作成:スマホの場合
  1. LINE公式アカウントのアプリをインストール
  2. LINEBusinessIDを作成
  3. 会社・店舗情報を登録

LINE公式アカウントには「未認証アカウント」と「認証済みアカウント」があり、違いは下記の通りです。

スクロールできます
 未認証アカウント認証済みアカウント
1.バッジの色灰色青色(紺色)
2.検索表示されない表示される
3.決済方法クレジットカードクレジットカード・請求書決済
4.友だち集めコンテンツ利用不可利用・購入可能
5.友だち追加広告利用不可利用可能
6.LINE内での掲載掲載不可掲載可能
7.メンバーシップ利用不可利用可能
8.リサーチの自由回答利用不可利用可能
「未認証アカウント」と「認証済みアカウント」の違い

LINE公式アカウントを活用してビジネス拡大を図る場合は、「認証済みアカウント」が適しています。

LINE公式アカウントを開設した後は、友だち登録を増やすためにも、あいさつメッセージやプロフィールを充実させましょう!

プロフィールの詳しい内容はこちら

LINE公式アカウントは”気軽”なツールだからこそ、きちんと運用すれば「認知~顧客獲得」まで十分な効果を発揮できますが、運用を怠ると全く意味の無いものになってしまいます。

LINE公式アカウントの運用は継続的に行うようにしましょう。

LINE公式アカウントを導入しても…

何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、全国4,000アカウント以上の運用実績を元に、配信内容のご相談や運用方法の計画もしっかりとサポート致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

総合アド マーケティング事業部所属。
企業のLINE公式アカウントをサポートするCSチームを経験し、現在はLINE広告を中心としたSNS広告、GoogleやYahoo!といったWEB広告などの広告運用を担う。
LINE Green Badge 各種、Google広告各種認定資格、Yahoo!広告各種認定資格 取得。

コメント

コメントする

目次