【初心者様向け】LINE広告の設定方法をご紹介!

最近目にする機会が増えているLINE広告ですが、自社で導入するにはどうしたらよいか、難しく感じて躊躇している方も多いのではないでしょうか。

LINE広告を利用すれば、LINEを使う幅広い年代のユーザーにリーチすることが可能です。

さらに、LINE広告はLINEだけでなく、関連サービスやネットワークにも広告を配信できるため、より広い範囲での露出が期待できます。

本記事では、初心者の方にも分かりやすく、LINE広告の出稿から配信開始までのステップを詳しく解説します。

一度設定すれば、その後の配信は容易に管理できますので、LINE広告の出稿を考えている方は、この記事を参考にしてください。

目次

LINE広告とは?

LINE広告とは、スマホを持っている方ならほとんどの方が利用しているコミュニケーションアプリ【LINE】やLINE関連サービスに配信することができる運用型広告です。

LINEは日本国内で9,600万人以上(2023年9月時点)のユーザーが利用しており、これらのユーザーに様々な方法でアプローチすることが可能となっています。

豊富なターゲティング・配信機能から他のSNS広告ではターゲットできないユーザーに広告を配信するができます。

さらに配信先はLINEだけではなくCookpadやルナルナなど、LINE広告ネットワークに配信することもできます。※配信先は選べません。

引用:LINE広告ネットワーク

また、配信中にユーザーの反応をみながらクリエイティブなどを調整し、配信効果をみながら広告配信できます。

LINE広告については、以下の記事にて解説しておりますので是非ご覧ください。

LINE広告のメリットはこちらから

配信効果を高めるための準備

配信設定を行う前に、配信効果を高めるための知識や準備を行っていきましょう。

ターゲット設定

LINE広告を配信する前に、配信効果を高めるためのターゲット設定【ペルソナ】を決めていきましょう。

ペルソナって?…ペルソナとは、マーケティング用語で商品やサービスを利用している架空のユーザー像を表す言葉です。年齢、性別、職業、年収、家族構成、趣味、性格などを詳細に仮定して、ひとりのリアルな人物像を作り上げます。

LINE広告は、広告配信先であるユーザーのターゲットをより詳細に設定することが可能となっております。

例えば、自社が経営しているフィットネスジムの新店舗オープン告知をLINE広告で行いたい場合、誰にお知らせしたいですか?

オープン告知をお知らせした人(ペルソナ)を決めておくことで、LINE広告を配信する際にユーザーに効率よく配信することができます。

LINE広告のターゲティング設定については、以下の記事を参考にしてみてください。

ターゲティングについてはこちらから

オークションについて

LINE広告を出稿する際に、予備知識として必要なのがLINE広告の【オークションの流れ】についてです。

運用型広告はオークション形式で広告枠を落札していきます。

LINE広告では下記のような流れで、オークションがすすんでいきます。

引用:LINEキャンパス LINE広告の基礎知識③(入札編)

LINE広告には入札額をきめる【手動入札】と【自動入札】があります。

手動入札

手動入札は運用担当者が入札額をその都度調整する方法です。

競合相手が多いターゲティング設定の場合、必ず勝ちたい場合は手動入札で入札単価を高く指定するのをおすすめします。

設定入札額などの知見がない場合は、手動入札は避けましょう。

自動入札

自動入札はあらかじめ設定した入札額や予算内で、配信効果がでるように入札額が自動調整される方法です。

AI技術により最適化されており、LINE広告全体の8割以上が自動入札で運用されているためLINE社も推奨しております。

LINE広告出稿までのステップ

LINE広告についての知見を深めたら、早速アカウントを開設していきましょう。

LINE広告出稿までの 3 STEP
  1. 広告アカウントの開設
  2. 広告の配信設定
  3. 広告の配信開始

広告アカウントの開設

LINE広告を出稿するには、まずLINE公式アカウントの作成が必要となります。

LINE公式アカウントを作成していない方は、下記記事を参考に作成しましょう。

LINE公式アカウントの作成はこちらから

LINE公式アカウントをすでに持っている方は、LINE Ad Managerにアクセスし管理画面にて、BusinessIDでログインしましょう。

ログイン後【新しい広告アカウントの作成】をクリックし、必要な情報を入力しアカウントを開設します。

オンラインで申込の場合は、クレジットカードの登録が必要となります。

左上の【MENU】から【設定】の中から【請求と支払い】をクリック。

【お支払い方法を追加】にて請求先のクレジットカードを登録します。

ここまで完了しましたら、次は配信設定です。

広告の配信設定

広告の配信設定をしっかりと行うことで、確かな配信効果が得られます。

キャンペーンの登録の仕方などは、下記記事をご覧ください。

配信設定の仕組みはこちらから

広告の配信開始

LINE広告は広告アカウント開設後、審査も含めて約10日間で広告が配信可能となります。

イベントに合わせて広告を出したい!など明確に、配信時期が決まっている場合は、配信時期に間に合わないことがないよう余裕をもって開設準備しておきましょう。

LINE広告の審査についてはコチラから

まとめ

まとめ

LINE広告は豊富なユーザー層にリーチでき、ターゲティングの精度も高いため、効果的な広告を出稿することが可能です。

ターゲットの設定やオークションの仕組みを理解し、審査期間を考慮してスケジュールを組んでから配信設定を行うことでより効果的な広告が期待できます。

是非本記事を参考にして、初心者の方でも簡単に安心して始めることができるLINE広告を始めてみましょう。

すぐ効果的な広告配信を出したい方は、広告代理店に配信をお願いしましょう。

運用を代理店に頼むメリットをご紹介

LINE広告の運用が分からない・・・

LINE広告を配信したいが何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、164業種のLINE広告運用実績を元に、LINE広告を効果的に運用いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次