名古屋のLINE集客・MEO対策・ホームページ制作・WEB広告運用なら総合アド|お知らせ・コラム

Menu Menu

NEWS & COLUMN

2022.06.21 LINE公式アカウント、機能説明

LINE公式アカウントとは?LINE公式アカウントのメリットとデメリットをご紹介!

LINE公式アカウントとは?LINE公式アカウントのメリットとデメリットをご紹介!

今では様々なお店や施設で見かける「LINE公式アカウント」。

  • そもそもLINE公式アカウントって何?
  • LINE公式アカウントは知っているけど利用方法や活用方法が分からない。
  • LINE公式アカウントのメリットやデメリットは?

LINE公式アカウントについて、このようなことを気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、LINE公式アカウントをお店で利用するメリットやデメリット、LINE公式アカウントでできることなどをご紹介していきます。

LINE公式アカウントの使い方を知りたい人や、お店の宣伝に費用や手間をあまりかけたくないと思っている人は、必見です!

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、言うなれば会社やお店専用のLINEアカウント

皆さんご存知のトークアプリ「LINE」と同様に、ユーザーとの1対1でのトークや、友だちになった全ユーザーへの一括メッセージ配信はもちろん、デジタルのショップカード(ポイントカード)やクーポンの作成も可能です。

あらゆる事をLINEのみで完結できるため、お店側でもユーザー側でも気軽に利用できることが大きな魅力となっています。

LINE公式アカウントを利用するメリット

LINE公式アカウントを利用するにあたり、大きなメリットとしては3つあります。

  • リーチ数の多さ
  • リアルタイムの気軽さ
  • コスパの良さ

リーチ数の多さ

現在、コミュニケーションアプリ「LINE」は、日本全国で約9,500万人(2023年3月末時点)という他のSNSに比べ圧倒的なユーザー数を誇っています。

そのため、「自社に対して興味があるから、来店やサービス利用をしたことが無いが、LINE公式アカウントの友だちにはなってみよう。」「今まで知らなかったけど、LINEで見つけて初めて知った」というユーザーを取り込み、LINE公式アカウントをきっかけとして新たな顧客の獲得をしていくことが可能です。

リアルタイムの気軽さ

LINE公式アカウントでは、メッセージやクーポンも簡単に作成できるため、「ゲリライベント開催!」や「本日特別にクーポンプレゼント!」など、その日のお店の状況に合わせた内容をリアルタイムで配信することができます。

また、LINE公式アカウントでは、友だちになったユーザーと1対1でチャットをすることができるため、ユーザーからの相談や問い合わせに対応しやすいのもメリットの1つです。

コスパの良さ

LINE公式アカウントは、0円でアカウントを作成、そのまま0円で運用することが可能

有料プランとの機能差はほとんど無く、コストを掛けず十分に利用することができます。

▼LINE公式アカウントの費用に関してはこちらの記事をご覧ください。

LINE公式アカウントのデメリット

LINE公式アカウントの大きなデメリットは、ライバルが多いこと。

現在のLINE公式アカウント数は約37万以上。

メッセージや画像、クーポンなど、他社と比べてユーザーから魅力的と思われるような内容を配信する必要があるため、LINE公式アカウントでの魅せ方には少しスキルが必要となります。

LINE公式アカウントでできること

LINE公式アカウントでできることの代表としては、友だち追加をしてくれたユーザーに対してのメッセージ配信。

その他にも使える機能はたくさんあり、大きく分けて3つの目的別に各機能をご紹介します。

  • 新規ユーザーの獲得
  • リピーターの定着
  • ライバルと差をつける

また、LINE公式アカウントでできることとして、LINE公式アカウントが「認証済」「未認証」によっても異なります。

LINE公式アカウントの認証済・未認証については、こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

新規ユーザーの獲得

LINE公式アカウントを利用して「新規ユーザーの獲得」という目的で使える機能は3つあります。

あいさつメッセージ

LINE公式アカウントを友だち追加した際に、1番初めに届くメッセージのことです。

あいさつメッセージに、お店に関するお得な情報やクーポンを入れることで来店を促すことができます。

あいさつメッセージにクーポンを設定することで、店舗側にとっても「LINE公式アカウントを友だち追加するとクーポンもらえますよ!」と、LINE公式アカウントの友だち追加案内がしやすくなるので、オススメです♪

クーポン

割引やプレゼントといったクーポンを配布することで、来店のきっかけを作ることができます。

作成したクーポンはInstagramなど、他SNSにシェアすることも可能。

抽選機能を利用して「豪華○○を5名様にプレゼント!」といった話題を集めるクーポンを作るのも良いですね。

LINE VOOM

LINE VOOMとは、以前「タイムライン」と呼ばれていた機能で、流行りのショート動画を中心としたLINE上の動画プラットフォームのことです。

動画を投稿することで「おすすめ」タブに表示され、様々なユーザーに認知してもらうことができます。

リピーターの定着

LINE公式アカウントを利用して「リピーターの定着」という目的で使える機能は2つあります。

ショップカード

LINE公式アカウントで作成できるショップカードは、店舗側で用意したQRコードをユーザーが読み取ることでポイントが貯まる仕組みになっています。

そのため、来店したらQRコードを提示し1ポイント付与する、1,000円以上お買い上げでQRコードを提示し1ポイント付与する、など自社なりの方法で活用が可能です。

ポイント数に応じたプレゼントを用意することで、ユーザーも「もっとポイントを貯めたい」と感じ、結果リピーターの獲得に繋がります。

また、ショップカードの有効期限を設定したり、定期的なポイント2倍デーを開催することで、リピートの定着化も図れますよ。

リサーチ

LINE公式アカウントでは、友だちになったユーザーに対してアンケートをとることが可能です。

友だちにお店の良い点・悪い点などを回答してもらい、リピーターを増やすための情報=「顧客の声」を収集することで、今後の改善や方針を検討していきましょう。

また、アンケートに回答してくれた方に対してクーポンをプレゼントすることもできるので、来店→アンケート→来店、といった定着に向けての流れもつくれます。

ライバルと差をつける

LINE公式アカウントを利用して「ライバルと差をつける」という目的で使える機能は2つあります。

リッチアイテム

リッチアイテムには、画像や動画をより良く魅せることができるアイテムがあります。

  • リッチメッセージ
  • リッチビデオメッセージ
  • カードタイプメッセージ

リッチメッセージは、トーク画面に大きく画像を表示させ、タップするとWebサイトやクーポンに遷移する設定が可能で、キャンペーンの告知などに向いているアイテムです。

リッチビデオメッセージは、トーク画面に大きく動画を表示させ、自動で再生されるアイテムです。

最近では動画でのPRが増えているので、効果も見込めます。

カードタイプメッセージは、画像を横へのスライド形式で9枚まで設定ができます。

複数ある商品案内など、一度の配信にたくさんの情報を詰め込みたい場合におすすめのアイテムです。

リッチメニュー

リッチメニューとは、LINE公式アカウントとのトーク画面下部に、常に表示されるメニューです。

最大6マスまであり、各マスに別々のURLやクーポンを設定することで、ユーザーがリッチメニューをタップするとLINEからすぐオンラインショップやクーポンに遷移できる機能となっています。

また、広告バナーのように利用することもでき、キャンペーンなどのPR活用にもオススメです。

まとめ

機能性もあり、手軽さ・気軽さで注目を集めているLINE公式アカウント

PRのための費用や、業者を挟む手間などを考えると大分便利な方法と言えるでしょう。

ただし、今回の記事でご紹介したとおりメリットもデメリットもあるため、本当に自社に合った方法なのかきちんと調べることは必要です。

これ以上ライバルを増やさないためにもLINE公式アカウントについて気になっている方は、お早めに話だけでも聞いてみることをおすすめします。

LINE公式アカウントを導入しても…

何から手をつければいいのか分からない。一人で運用するのは難しそう。

そんな不安を感じている方も多いと思います。

弊社 総合アドでは、全国4,000アカウント以上の運用実績を元に、配信内容のご相談や運用方法の計画もしっかりとサポート致します。

Archive

ALL

2024

0102

03

0405

06

07

08

09

10

11

12

2022